ふるさと納税の還元率って?

ふるさと納税の還元率って?

ふるさと納税は、地方自治体に寄付すると寄付金額の50%分の返礼品がもらえます。
ただ、ものによっては、返礼品の金額が50%以下だったりすることも。
今は地方の特産品も通販をしていたりするので、返礼品と全く同じ商品がネット通販で買えることも。

例えば、楽天で買える高級デニッシュパンを返礼品をしている自治体があったのですが、1万円の返礼品にそのデニッシュパンをジャムのセットというのがありました。

でも同じ商品が、楽天で2700円程度で見つかったのです。

返礼品としての還元率は50%以下だということがわかってしまいました。
今はネットでなんでも調べられるのでその地方自治体の楽天ページには返礼品の還元率が低すぎる!とクレームのレビューが書かれていました。

返礼品は地方自治体が地元の企業に依頼して送るものです。なのでその企業のやっている通販サイトを調べると返礼品の値段がわかってしまうんですよね。

還元率はもちろんいい方がいいので、家電や商品券、旅行券といった調べやすいものは特に還元率をチェックしてから選ぶ人も多いです。

ふるさと納税は還元率が高いもので選ぶ!

というわけで、もちろん、返礼品の原価が高いものを選びたいというのが消費者心理です。ただ、ふるさと納税って寄付なので、その自治体の福祉や地域活性などに使われるという名目も選べるから、寄付なんですけどね、今は返礼品でいかに元を取るかというのが目的になってしまってます。

もともとは地方活性、寄付であることを忘れないようにしたいですよね。

そして還元率が高いのはやっぱりお肉やお米。そして家電なんですよね。他に商品券とかその地方自治体で使える旅行券や宿泊券は還元率が100%近くになっていることもありますが、そこまで行く機会がなければ意味がないですよね。ゴルフ場のチケットなんていうのもありますが、やっぱりその地域に行く機会がなければいくら高い還元率でも意味がありません。

特に今東京では野菜の高騰、果物の高騰があるので、野菜セットも還元率が高いと感じられるものが増えています。
地方の野菜は道の駅などで地産地消されてしまいますが、ふるさと納税なら滅多に市場に出回らない野菜や海産物がもらえたりもします。

あとは自治体によって選ぶ人もいます。地方自治体によってふるさと納税に力を入れているところとそうでないところでは全然返礼品の種類の豊富さや還元率が違うんですよね。

なので、高い還元率の商品を返礼品にだしていた実績がある地方自治体をチェックするという人もかなりいます。
実はふるさと納税でいい商品、こう還元率の商品ってすでにそのうまみを知った人が、年始からチェックしてたりするんです。

高還元率のふるさと納税の返礼品はもちろん高倍率になるので、どこの自治体がふるさと納税でいい商品を出していたかの過去の実績から見て常にチェックしている人たちがいるんです。

なので家電とか商品券とか転売しやすい高還元率の返礼品がある自治体をマークしておくといいですよ。