ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、東京都などの大都市へ地方から出張や出稼ぎ、引っ越しで出て行った人がふるさとに納税できて、返戻品として各自治体の産地の名産などがもらえる寄付金制度です。 地方は働き盛りの人口が減り、法人税などの収益も少ない地域もたくさんあります。

そのため地方自治体の税収が少なくなっており、東京などの人口過密都市の税収をふるさと(地元や地方の自治体)に還元できるようにということでできた制度です。

例えば、1万円の寄付金で5000円分のお肉がもらえることにより、私たちは、本来住民税で払う税金1万円分と引き換えに5000円相当分のお肉がもらえます。

地方自治体は1万円ふるさと納税として寄付をしてもらい、5000円分の寄付で子育て支援や地域の環境を守ったりといった活動に使います。

ふるさと納税は寄付金としてお金をふるさとに還元することで、自治体にもうれしく、私たちは住民税が寄付金控除を受けられるため得します。

たとえば、ふるさと納税で1キロの牛肉の細切れがもらえる自治体や鰻が1尾もらえる自治体などがあります。

ふるさとといっても必ずしも自分が住んでいた地域へふるさと納税をする必要はなく、欲しい返礼品でふるさと納税先を選んでOKなのです。

ふるさと納税で知っておきたこと

  • ふるさと納税は限度額がある
  • ワンストップ特例か確定申告が必要
  • 手続をしないと税金控除はない
  • 厳密には節税ではない

ふるさと納税は税金をたくさん収めている人はたくさんふるさと納税ができます。しかし、年収が低くて税金をあまり収めていない人はわずかな金額しかふるさと納税ができません。 ふるさと納税には限度額があるのです。

ふるさと納税はとても簡単にできますが、ワンストップ特例で書類を送るか、確定申告をしないと、税金の控除を受けることができません!かんたんな手続きですが、その手続きをしないと税金控除はされないということを知っておきましょう。

ふるさと納税は節税といわれていますが、厳密には節税ではないです、払う税金の代わりにふるさと納税という形で寄付をすることで、翌年の住民税が控除されるので、支払う税金が減るわけではありません。実質は支払っているのと変わらないのです。この詳細はこちらをご覧ください⇒ふるさと納税で節税?

ふるさと納税は理解すればなにも難しいことはありませんが、きちんと内容を理解して始める必要があります。たとえば、限度額の計算を間違えてふるさと納税をたくさんしすぎてしまうと損をしてしまいます。自分がふるさと納税として納付した合計額を把握する必要があること、また年末は自治体によってふるさと納税の受付期限があることなど注意すべき事項がいくつかありますので、確認してみてくださいね。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税で節税?
ふるさと納税は厳密には節税ではない?
ワンストップ特例って?
5つの自治体までなら手続が簡単で確定申告の必要がないです
ふるさと納税の還元率って?
1万円の寄付金で牛こま1キロとお米5キロだったらどっちがお得?
ふるさと納税の限度額って?
個人の年収や家族構成などで寄付できる限度額は変わります。
支払いはクレジットカードがお得
ネットで申し込むのは簡単。クレカがあればポイントも貯まる。
ふるさと納税の現金化って?
家電を買ってオークションに?ポイントを現金化するって?
ふるさと納税の確定申告
確定申告をする必要がある人は?