ふるさと納税の限度額って?

ふるさと納税の限度額って?

源泉徴収 年末調整

ふるさと納税の限度額は人それぞれ変わってきます。
同じ年収400万円でも扶養家族の有無や支払っている税金、生命保険など所得税控除がある人とそうでない人では限度額が変わってきます。

年金生活の人でもふるさと納税はできますが、給与所得でもらっている人とは限度額が違います。

なので年収に応じてふるさと納税できる額が違うこと。
また、控除される税金によってもかわるため、一概に同じ年収でもふるさと納税の限度額は同じとは言えません。

ふるさと納税ってどうやって限度額を調べるの?

まずは自分、旦那さんの去年の年末調整の紙を見てみましょう。
その紙に書かれている数字をそのままフォームに入れれば計算できるサイトがありますので、そこに入力して計算してみてください。

もちろん、その計算で個人情報が抜かれることはありませんので心配しなくても大丈夫です。
ただし、旦那さんに自分の年収を内緒にしている人、奥さんに自分の年収を内緒にしている人は、ふるさと納税の納税額から逆算もできるとおもうので秘密にしている人は気を付けましょう。

というわけで、限度額は人によって違うこと、計算は簡単なので、まずはぜひ自分がいくらまでふるさと納税が可能なのか?チェックしてみましょう。
限度額と控除の細かい計算はこちらから

ふるさと納税限度額の早見表

こちらは簡易的な給与収入に応じた早見表です。実際は他の所得税控除があったりするので正確な計算は必要です。

給与収入 独身/共働き 夫婦+子1人 (高校生) 共働き+子1人(大学生)
300万円 28,000円19,000円15,000円
350万円34,000円26,000円22,000円
400万円42,000円33,000円29,000円
450万円52,000円41,000円37,000円
500万円61,000円49,000円44,000円
550万円69,000円60,000円57,000円
600万円77,000円69,000円66,000円
650万円97,000円77,000円74,000円
700万円108,000円86,000円83,000円
750万円118,000円109,000円106,000円
800万円129,000円120,000円116,000円
850万円140,000円131,000円127,000円
900万円151,000円141,000円138,000円
950万円163,000円154,000円150,000円
1,000万円176,000円166,000円163,000円
1,500万円386,000円374,000円370,000円
2,000万円560,000円548,000円544,000円
2,500万円845,000円831,000円826,000円

自営業の人は控除される小規模企業共済もあるので、年末調整をみて当て込んでいくといいですよ。
地震保険や生命保険なども所得税控除があるので、それも含めて計算する必要があります。
多く寄付してしまうと損してしまうのでできればぴったりの金額を寄付したいですね。

そして住宅ローンや医療控除など受ける人はワンストップ特例は利用せずに確定申告しましょう。
確定申告をする人はワンストップ特例をしても確定申告時の申告内容が優先されますので、確定申告時にふるさと納税の寄付金を申告しましょう。

地方自治体から送られてくる領収証は大切にとっておきましょうね。

限度額と控除の細かい計算はこちらから

ふるさと納税の限度額以上を寄付してしまった場合ってどうなるの?

ふるさと納税の限度額以上、ふるさと納税をしてしまった場合、それは控除の対象とならないため、単に高い買い物をしてしまうことになります。

ふるさと納税の還元率は最低50%といわれていますが、要は1万円多く寄付してしまった場合、1万円で5000円のものを買ったことになります。

それって損した気分になりますよね。なので限度額以内にふるさと納税を計画的にする必要があります。

いくら分ふるさと納税をしたか?というのはきちんと把握しておく必要があります。ふるさと納税ができる便利なサイトが増えていますが、たとえば楽天で3万円、さとふるで2万円などときちんと合算して残りいくらふるさと納税ができるか?スケジュール帳や家計簿アプリなどにメモしておくといいですよ。