ふるさと納税で節税?

ふるさと納税で節税?

今なにかと話題のふるさと納税ですが、節税になるという表現はちょっと違うんですが、実質払う税金が寄付金によって控除されて、返礼品があるのでお得というので節税といわれています。

例えば、ふるさと納税は所得に応じてかかってくる住民税が安くなるので、実際は住民税で払わなくてはいけないお金が返礼品として手元に残せるというのがお得ではありますが。実際はふるさと納税として寄付金を払うのは払うので、100%ふるさと納税した寄付金が戻ってくるというわけではないです。

だって、先に寄付金を払っているわけですから、のちに払う住民税は安くなりますが、支払は発生しているのです。

でも、それでも豪華な返礼品や還元率が高いものがたくさんあるため、通常通り住民税を納めるよりはずっとお得なのでみんなふるさと納税をするようになったんですよね。

ふるさと納税の節税イメージ

ふるさと納税節税イメージ イラスト

ふるさと納税は住民税が控除されますが、ふるさと納税として税金を先払いしていることになります。翌年の支払う住民税は控除されますが、自己負担の2000円があることで実質払う税金は2000円増えていることになります。

しかし、それでももらえる返礼品、各地方自治体が用意している特産品のことを考えるとかなりお得なのがわかりますよね。どのみち払う税金なので自己負担2000円でもらえる返礼品の現金としての相当額を考えれば、節税という表現は妥当ではないかもしれませんが、断然お得なんです。

ふるさと納税は節税ではなく先払いの税金であり寄付

ふるさと納税って、東京都みたいに税収がものすごくあるところは、法人税もたくさん入ってきますし、資産をたくさん持っている人からも税収があるので税収が都市部に偏っているため、地方の税収が少なくて困るということから始まった制度です。

現在はその地方税がふるさと納税によって、分散されたことから、税収が地方に還元されて地方自治体で税収貧乏だった地域もふるさと納税によって潤うようになってきています。

ある意味、本当にいい寄付なんですよね。

でも節税っていう人がいるだけあって、最近ではいろんな裏ワザを使っている人もたくさんいるんです。

それが、ふるさと納税の現金化だったりするんですよね。

ふるさと納税現金化で節税

ふるさと納税は返礼品がもらえるのですが、その返礼品は地方によっては市場に出回りにくい貴重品だったり、商品券やポイントだったりもするんです。

物によっては、普通に買えないものや限定のものもあるため、それをヤフーオークションに出して高値で売って現金化する人もいるんです。

大抵の返礼品の還元率は50%といわれていますが、限定商品で入手困難なものであれば、ヤフーオークションなどで高値で売ることもできてしまいます。ただ、そういうのはよくないといわれていますが、実際に賢い人はそういった現金化しやすいものを狙ってふるさと納税を選んでいることもあるんですよね。

企業の場合は法人名義でもふるさと納税が可能なので、そういった裏ワザ的なやり方をした人がいたため高額すぎるふるさと納税は問題にもなっています。

ふるさと納税は年金受給者でもできる

ふるさと納税は高額な年金所得がある年金受給者でもすることができます。
うちの親戚で年金を年600万円ももらっている人がいるのですが、試算してみたら4万円分のふるさと納税ができることがわかりました。

年金の受給金額によってはふるさと納税もできます!

ふるさと納税は厳密には節税ではないけど、した方がお得!

ふるさと納税はしないよりした方がお得です。どうせ税金は払わなくてはいけないのですから、先払いにはなりますし2000円は自己負担になります。厳密には節税とは言えないかもしれないですが、した方が得なんです。

ちなみに手間がかかるという人がいますが、ワンストップ納税にすれば手間なんてなんのそのです。

どうせ払う税金なのですから寄付して控除してもらったほうがお得。たくさん税金を払っている人ほどお得ですから。

たとえ、旦那さんがめんどくさいと言おうが、奥さんが代行するなりした方がいいですよ。
家族でやっていない人がいたら、手伝ってあげて、申込してもいいくらいです。

ふるさと納税肉はさとふるで!

ふるさと納税肉はテレビCMでお馴染みのさとふるでご注文ください。

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る